入試情報ENTRANCE
EXAMINATION INFORMATION
私立大学医学部医学科入試情報【まとめ】

2021 福岡大学医学部 入試情報まとめ

2021年08月23日 更新

基本情報

公式HP http://www.fukuoka-u.ac.jp/
住所 〒814-0180 福岡市城南区七隈八丁目19-1
TEL 入学センター:092-871-6631
交通手段 地下鉄七隈線福大前駅下車(2番出口)
デジタルパンフ 2022 大学案内

学部案内(医学部)

※2022 私立医学部デジタルパンフ一覧

 

進級率・国試合格率推移(2018〜2020)

大学進級率(※6年間ストレートで進級し、卒業試験に合格する確率)
2020 2019
福岡大学 74.5% 79.1%
私大新卒平均 81.1% 82.2%
医師国家試験合格率
2020 2019 2018
福岡大学 93.9% 71.9% 82.1%
私大新卒平均 95.4% 91.5% 92.8%

※2020 進級・卒試・国試ランキング

学納金

初年度に必要な費用 6年間に必要な費用
8,626,710円 37,738,260円

※2021 私立医学部学費ランキング|3年前と比較

 

入学者 現浪比・男女比

合格者数 現役 既卒
144名 10名 134名
男子 女子
96名 48名

再受験生(多浪生)の入学については、厳しい
しかし、近年は若干緩和傾向。
実際に、2019年度入試で純粋に9浪した生徒が正規合格をもらいました。

 

合格最低点推移(2011〜2021)

近年、入試問題(特に数学)が、難化傾向です

※全私立医学部 合格最低点推移(約10年分)

 

入試結果(2020)

 

入試変更点・注目点(2022)

【変更点】共通テスト利用がⅢ型(後期)から、Ⅰ型(前期)に変更となりました。詳細はこちらから

【注目点】資格を使えば元の共通テストの得点をさらに加点できます。例えば、共通テスト(英語)の得点が160点の受験生がいたとして、英検2級を持っていれば180点に!英検準1級だと200点になります。もちろん英語の場合、200点が上限です。詳細はこちらから

 

入試説明会まとめ(2022)

太宰府アカデミーで福岡大学の長谷川様をお招きし、入試説明会を実施しました。詳細は下記のブログにて。

〈福岡大学 入試説明会〉2022年度の入試情報、変更点、お得情報等を徹底的にお聞きしました。

 

成績開示について(2021)

【対象者】
医学部医学科は一般選抜(系統別日程)の一次選考を不合格になった方

【請求期間・成績照会期間】
請求期間:令和3年4月1日~4月30日
成績照会期間:令和3年6月1日 10:00~6月30日 23:59
※請求期間外の受付や、照会期間外の照会は行いません。

【照会内容】
一般選抜(系統別日程)
総点のみ(医学部医学科は一次選考の総点のみ)

【請求方法】
Web成績照会にアクセスし、手続きを進めると、成績照会期間に限り、Web 上で照会できます。

 

繰上合格について

一般入試(系統別日程)と大学入試センター試験利用入試(Ⅰ期)において、2月下旬頃の二次合格発表と同時に、追加合格予定者に追加合格予定順位を入試制度ごとに郵送にて通知します。
3月31日までに追加合格予定者の中から追加合格者を決定し、本人宛に郵送または電話にて通知します。

 

繰上合格者数推移(2012〜2020)

 

試験会場

第一次試験会場 第二次試験会場
一般入試 系統別日程 福岡大学

東京(TOC有明)

名古屋(ダイテックサカエ)

大阪(大阪アカデミア)

福岡大学
大学入試センター試験
利用入試(Ⅰ期)
大学入試センター試験 各試験場

 

募集人員・出願期間

試験区分 募集人員 出願期間
地域枠推薦入試 10名 11/1~11/7
A方式推薦入試 23名 11/1~11/7
一般入試 系統別日程 60名 1/4~1/15
センター試験利用入試(Ⅰ期) 10名 1/4~1/15

 

試験日程

試験区分 一次試験 一次発表 二次試験 合格発表 入学手続締切
地域枠
推薦入試
11/24 12/5 入学申込金締切12/16
入学手続締切3/9
A方式
推薦入試
11/24 12/5 入学申込金締切12/16
入学手続締切3/9
一般入試
系統別日程
2/2 2/7 2/14 2/22 入学申込金締切3/2
入学手続締切3/9 ※
センター試験利用入試(Ⅰ期) 1/18・19
大学入試センター試験

※ 他大学等を併願している方に限り、3/23 まで学費等納入金の振込(入学手続書類の提出含む)について延納を願い出ることができます。

※2022 私立医学部入試日程カレンダー

 

試験科目

一般入試系統別日程 科目 時間 配点
第一次試験 外国語 70分 100点
数学 90分 100点
理科 120分 200点
(各100点)
第二次試験 小論文 60分
面接 50点
センター試験利用入試(Ⅰ期) 科目 配点
第一次試験
(大学入試センター試験)
外国語 200点
国語 100点
数学
100点
理科 200点
(各100点)
第二次試験 面接 50点

 

小論文(二次試験)

試験時間 60分
文字数 600字程度

◆ 試験内容

2018年
次の文章中の筆者の意味する「まともな」医者とあなたの考える「まともな」医者の共通点と相違点を600字程度で述べなさい。
(ためらいのリアル医療倫理(技術評論社 , 岩田健太郎著)より抜粋)

2019年
以下の文章は、わが国で問題になっている人口減少と少子高齢化について述べた文章である。将来の暮らしや社会を発展させるための具体的な対策について考えるところを600字以内で述べなさい。
(金子隆一:「新たな人口・社会レジームの到来と労働力」。日本労働研究雑誌 2016年9月号(No.674)。)

 

面接試験(二次試験)

形式 グループ面接
所要時間 30~40分
面接官人数 3人
受験生人数 4~6人

 

◆ 面接内容(質問内容・面接の進行等)

【まとめ】面接方法は、5名前後のグループに分かれ「討論」or「個々へ同じ質問し、順番に回答」の2パターンに分かれます。面接官が面接方法をその場で決定。ポイントとしては、面接グループの5人と面接室の前に待機するので、積極的に話しかけ、初めからコミュニケーションをとっておくと「グループ討論」の際に円滑な話し合いができます。
※以前、多浪受験者は必ずグループ面接後に「個人面接」が別にありましたが、現在では「もっと情報を聞きたい受験生」となったようです。つまり、多浪生が呼ばれないこともあります。

◆ 質問一覧

以下の質問を、面接官より一人ずつ当てられて、意見を述べる。

  1. 医師の働きすぎについての意見。
  2. 地方と都市部での医師の偏在についての解決策
  3. 研修医の勤務時間についての意見
  4. 研修できる場所での医師の人数制限について(都会に集中するのを防ぐためだが)どう思うか。
  5. 都会の方が生活に便利という医師が多いが、どう思うか。
  6. 「医療情報公開」について・「品格」について・ 本学志望理由・「トヨタのリコール問題」に対してどう思うか・ 女医さんが出産後、仕事に復帰しにくいことをどう思うか・ 医師にとって何が一番大切なのか
  7. 外国人の看護師を雇うことについて
  8. 「児童虐待」について
  9. 女性医師の減少について

 

◆雰囲気・後輩へのアドバイス

  • 1分程度の自己紹介後、議題が読まれ、討論が始まる。