特徴② 少人数制SMALL GROUP

全てが合格に繋がる!追求された学習カリキュラム

太宰府アカデミーは予備校全体の人数が少人数なので「授業」はもちろん
「学習環境」「生活環境」「個人対応」なども徹底しています。
どの項目に対しても一切妥協しません。全てが繋がり、初めて飛躍的な成績
の向上が望めます!私たちは医学部入試専門のプロフェッショナル集団です。
太宰府アカデミーの講師・スタッフを信じ、ついてきてください!
カリキュラム

少人数制の授業で一人ひとりに密着した授業

太宰府アカデミーの授業は科目ごとに学力でクラス分けし、1クラス5〜10名程度の少人数制。
だから講師との距離が近く、自分のレベルにあった授業をピンポイントで受講でき、理解できていないまま授業だけがどんどん進んでしまうといったことを防いでいます。

対話型で”超参加型”の授業

太宰府アカデミーの授業の最大の特徴は、講師が生徒にバンバン発言を促す
ということです。
ほとんどの予備校が、講師による一方向的な授業を行う中、当校の授業では、
講師が生徒を積極的に指名して答えや意見を促します。
生徒もいつ当てられるかわからないという緊張感を持つことで、授業に対す
る高い集中力につながっています。
対話型

インプットの質を高める“アクティブラーニング” (2021年度〜)

インプットとは、アウトプットをして、初めてインプットとなります。人の
忘却率は、20分後には42%忘れ、1日後には67%忘れる、という有名な研
究でもあるように、日々どんどん忘れていきます。様々なテストもアウトプ
ットの一つですが、人が人に教えるアウトプットの知識定着率は絶大です。
本校では2021年度より、生徒が生徒に教えるアウトプット教室を作りまし
た。講師が教室につきますので、間違ったことを教えていたら、講師や生徒
より突っ込まれます。
「まとめる力」「人に伝える力」は学力の向上に直結
します。
インプット

プロ講師陣との距離の近さ

太宰府アカデミーの講師陣は、医学部受験に特化したプロ講師を採用しています。
講師との距離が近いのは理由があります。
それは、生徒と講師の関わりが授業中だけに留まらないからです。
距離

朝から晩(6:30~23:00)まで質問が可能!

夜の合同自習の時間帯は、複数の科目の講師が生徒の質問を待っています。
また、宿直も講師がおこなっていますので、教室で自習ができる6:30から
23:00まで
質問ができます。授業の復習をしていて出てきた疑問点はでき
るだけ早く解消
するのが理想的ですが、太宰府アカデミーならそれが可能で
す。
質問

ゼミ授業で授業やテストの復習をフォロー!

朝・昼・夕方の休み時間や夜の自習時間を使って、自分一人での復習に自信
がない生徒・授業の内容をもう一歩進んで学習したい生徒が多い場合には、
「ゼミ」を開講することもあります。授業よりさらに少人数で、授業の復習
やテストのやり直しを講師がリード
します。
ゼミ

すべての講師が生徒の名前と顔を把握

上記のようにやり取りが多数あるシステムですので、常勤・非常勤問わず、
すべての講師が生徒の名前と顔を完全に把握しています。
生徒は、授業担当講師でなくても挨拶をしたり雑談をしたりするようになり
ます。講師と生徒の距離が近く、お互いの間に隔たりのない雰囲気が、理想
的な学びの場を醸成
しているのです。
把握
このように、医学部合格へ向けて考えぬかれた学習カリキュラムやクラスづくり、そして経験豊富で生徒との距離が近い講師陣による指導が、太宰府アカデミーが選ばれる2つ目の理由です。