お知らせ・ブログTOPICS / BLOG

医学部受験のコツを徹底解説!勉強計画から面接対策まで紹介します!

2024年03月01日 更新

こんにちは、福岡の医学部予備校で総務/広報を担当している後藤です。

医学部受験に成功するためには、ただ勉強するだけでは不十分です。
志望校の選定の重要性を理解し、目標に基づいた年間計画と日々の学習スケジュールを緻密に立てることが、受験生にとっては欠かせないステップとなります。
この記事では、医学部受験を志す熱心な学生たちに向けて、合格への道筋を効率的な指針と共にご紹介します。

医学部受験の勉強計画の立て方

医学部受験において、計画の立て方は合格への鍵となる要素です。
成功を収めるための計画立案には、以下の3つのステップが不可欠です。

1:志望校の決定

医学部受験の第一歩は、志望校の選定から始まります。
自己の学力を客観的に評価し、それに見合う大学を選ぶことが重要です。
大学によって異なる試験科目や配点を考慮に入れ、合格に必要な得点を明確にすることで、学習目標が鮮明になります。
また、不正入試の問題が指摘される大学も存在するため、慎重な選択が求められます。

2:年間スケジュールの作成

志望校が決まったら、次は年間スケジュールを立てることです。
この段階では、苦手分野の克服と基礎固めに重点を置き、3月から8月までをスタート期間として設定します。
9月から11月の中間期間は問題演習を中心に、そして12月から2月の追い込み期間は総復習と過去問演習に集中しましょう。
特に国公立大学受験の場合、共通テスト対策も必要となります。

3:1日のスケジュール設計

長期計画を実行するためには、1日単位のスケジュールも重要です。
具体的な例として、平日は学校の授業後に勉強時間を設け、休日はより多くの時間を確保しつつ、自由時間も配慮してバランス良く計画します。
睡眠や休息の時間は学習効率を高めるためにも重要ですので、適切に確保しましょう。

 

医学部受験を突破するための勉強のコツと工夫

医学部受験を成功させるためには、ただ単に勉強するだけでは不十分です。
日常生活に溶け込む勉強習慣の形成、オリジナル単語帳の作成、効果的な音読方法の活用が、合格への道を切り拓くための重要なコツと工夫となります。

 

*日常に溶け込む勉強習慣の形成

効率的な学習習慣を身につけることが重要です。
例えば、電車に乗るたびに単語帳を見る、夕食後はテレビを見る代わりに勉強机に向かうなど、日常生活の中に小さな学習の習慣を取り入れることで、自然と勉強時間が増え、知識の定着を促進します。

 

*オリジナル単語帳の作成

自分だけの単語帳を作ることも、効果的な学習方法の一つです。
例えば、出会った単語に対して、意味だけでなく例文や類似語、発音記号を記入します。
これにより、単語の理解が深まり、記憶に残りやすくなります。
また、繰り返し見ることで、忘れやすい単語も自然と覚えられますよ。

 

*音読を取り入れた英語学習

英語の勉強においては、教科書や参考書の音読が効果的です。
CDを使ってリスニングしながら同時に音読することで、発音の習得に役立つだけでなく、リスニングやスピーキングのスキルも向上します。
特に長文の音読は、文の構造を理解しやすくし、ライティング能力の向上にも寄与します。

 

医学部受験の面接試験

医学部受験において面接試験は非常に重要な役割を果たします。
面接では、学力だけでなく、受験生の人間性や志望動機、コミュニケーション能力などが評価されます。
ここでは、面接試験で頻繁に聞かれる質問と、その対策方法について解説します。

1:医学部の志望動機

「なぜ医学部を志望したのか?」は、面接で最も一般的な質問の一つです。
医師になりたいという強い動機や、医療に対する情熱を具体的に示す必要があります。
個人的な経験やエピソードを交えて説明することで、志望動機の説得力を高められます。

2:理想の医師像と将来の目標

面接では、理想の医師像や将来のキャリアに関する質問もよくされます。
自分が目指す医師像や、将来どのような医療を提供したいかを明確に表現することが求められます。
また、医学部で学びたい内容や、将来どのように社会に貢献したいかを具体的に述べることで、自身の志望理由を強化できます。

3:学生時代の経験と活動

面接官は、受験生がどのような経験を通じて成長してきたかを知りたがります。
学校生活での協調性やリーダーシップ、特に医師として重要なコミュニケーション能力をはじめとする人間性を見極めるために、学生時代の活動や経験に関する質問がなされることがあります。
部活動、ボランティア活動、あるいは特定の研究やプロジェクトへの取り組みなど、自己の成長につながった具体的な経験を共有することで、面接官にポジティブな印象を与えられます。

 

まとめ

今回は、医学部受験に成功するための効率的な勉強法と面接試験の対策について解説しました。
勉強計画の立て方から、日々の勉強方法、さらには面接試験での対応まで、医学部受験には多角的なアプローチが必要です。
これらのアドバイスを実践することで、医学部受験における成功への道が開けることでしょう。
医学部受験を志すすべての学生にとって、本稿が有益な情報源となることを願っています。