お知らせ・ブログTOPICS / BLOG

講師ブログ

夏は絞った自主学習を!

2018年07月25日 更新

こんにちは,英語科の野口です。

太宰府アカデミーでは来週で1学期が終わり,翌週から夏期特訓・夏期帰省と2週間の休暇があります。

ぜひここは「祝祭」として自分で計画を立てて勉強し,充実した期間にしてもらいたいと思っています。

 

私が短期学習で意識していることは,

まずゴールを決める

そしたらやることを絞って集中してやる。机にテキストが5冊あったら多すぎる2~3冊に断捨離する

同じ勉強時間の場合,5冊の本を2冊にすると,1冊にかけられるエネルギーがぐんと増える。

 

067856cfb51c434a6183a5fbeee341f1_s 

 

2週間といってもあれやこれやはできません。絞る勇気を持ちましょう

英語に使える時間は限られています。その限られた時間の中でやるべきことが5つあればそれは多いと思います。

 

とはいえ英語が苦手な生徒にとってはそもそも自分で何をすればよいのか分からないorやることが多すぎて行動に移せないも多いでしょうから,私から夏でするべき学習課題を2つ提示しておきます。

  

1.『ターゲット1900』を英→和のみ,1語1訳でいいから1500番まで覚えること

2.『英文法ドリル』を1日○講と決めてコツコツ解きながら復習をすること

 

単語暗記について少し補足しておくと,2週間というのはちょうどよい期間です。

単語こそ短期集中で一気に覚えるものです。コツコツではなく,ドカッと詰め込みます。

 

コツコツなのは2学期が始まってからです。

スキマ時間を使って覚えた単語の継続的な接触をしたり,長文読解の中で使える単語に変えていったり,文脈の中で訳語を増やしていったり。

2学期以降を有効に過ごしていくためにも単語暗記は夏がリミットなのです。

 

始めの1~2日で800番までの総チェックをしましょう。

だらだらせずに「30分で何章まで進もう」「1日400個進めよう」など自分にプレッシャーをかけて下さい。

私は章回しなら1周を1日~3日ぐらい,1冊通しなら10日以内でおこないます。

2周目3周目4周目5周目…と回転率にこだわって下さい。単語暗記に飽きたら文法ドリルに切り替えましょう。

 

 13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s

 

いずれもこの記事を読んだらすぐにヤル気を出して一人英語合宿を始めましょう。

私も10月にある英単語検定1級・準1級合格に向けてボキャビルを頑張りたいと思います。