お知らせ・ブログTOPICS / BLOG
お知らせ雑学・その他

《夏は受験の天王山》夏の心得、医学部入試の現状について

2021年07月09日 更新

・・・ここ数日は、ホント蒸し暑いですね(๑•﹏•)

 

受験生の皆さん!あと1週間ぐらい経ったら

梅雨も終わりそうなので、

「ジメジメ君」に負けず、頑張りましょう!!

 

梅雨明け後は、本格的な「夏」が到来します。

・・・いきなりですが、

 

− なぜ「夏は受験の天王山」と言われるのか知っていますか?

※「天王山」とは「運命の分かれ目」という意味です

それは、普段と比較し、圧倒的に自由に使える時間が多いからです。(夏休みなど)

普段、学生や浪人生は過密なスケジュールが組まれており、自由に使える時間はけっこう少ないです。

自由とは、良くも悪くも大きく差がつく時期なので、天王山(運命の分かれ道)なのです。

 

 

− じゃあ、夏に備えて、僕は充電(休憩)に徹しようと思います!!

 

という人もいるかもしれませんが、それは間違いです(o^^o)♪

なぜなら自由に使える時間が多いのは、あなただけではありません。

夏だけ思いっきり勉強しても、普段から地道に努力している人を追い抜くことはできません。

普段は「コツコツ頑張る人間」、夏休みは「目標を決めて頑張る人間」最強です。

 

太宰府アカデミーでは、お盆に「夏期復習期間」が5日ほどあります。

この期間は実家に帰省することも可能です。

 

・・・皆さん、お気づきでしょうか?

夏期帰省ではなく、夏期休暇でもなく、、、夏期復習です。

ということで、在校生の皆さんは「復習」を頑張ってください(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

そして、夏期復習期間明けには「課題テスト」があります。

夏期課題テストとは、その名の通り、

夏期復習期間中の各教科の課題から多く出題されます。

 

ふふふ、帰省中も応援していますよ!!

 

でも、ダラダラ何年も浪人するよりも、

キツいけど短期間で合格したほうがいいですよね?

 

医学科合格の最低偏差値ボーダーは「62.5」です。

この数値は、全受験生の上位10%の層を指します。

さらに、医学部入試が最難関と言われる所以は

「面接」が例外なく全大学必須という点です。

※最後の面接なしの大学だった九州大学も2020年に「面接あり」になりました

 

近年、ほとんどの私立医大(85%)で成績開示できるようになり、

面接点を得点化する大学は増え、

医学部入試の透明性が高くなってきました。

しかし、面接の採点基準は「面接官の主観」というブラックボックスです。

数年前に医大の不正入試発覚以降、

若干緩和されているとはいえ、

多浪生・女性差別は未だに残っています。

 

つまり、個人の属性や立場に影響されるので

偏差値ボーダーは、あくまでボーダーです。

 

この数多くのフィルターをすり抜けるためには、

やはり、圧倒的な「学力」が必要です。

さまざまなフィルターで減点があったとしても

数字さえとれば、入学できる大学がほとんどです。

 

実際に、以前在籍していた生徒で

ほとんど無口の生徒さんがいました。

小論文でも、採点者がドキッとすること書いていて、

職員全員が「面接、小論、大丈夫かなぁ…」と

危惧していた生徒さんは、

数多くの医大から正規合格の通知がきました。

その生徒さんは、勉強(分からないことが分かるようになること)

が好きで、成績は抜群によかったです。

 

つまり、どんな逆風にも負けない「学力」をつけましょう!

 

大丈夫!!

医学部入試で勉強をしすぎて無駄になることはありません。

だから、思う存分勉強してほしいなと思います(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

努力の限界量は若ければ若いほど上げやすいです。

努力した経験は、医大へ入学後の、

進級、CBT、卒試、国試、研修医、専門医、

人によっては開業だったり、様々な頑張り時で

あなたのとなりとなっているはずです

 

 

本日のブログは以上です!

あ、でも、最後に一つ言わせてください。

先日、ある保護者さまにお会いした時に

「ブログ、ちゃんとチェックしてますよー!」

と声をかけてくださったことが力になり、今回書かせていただきました。

お声掛けいただき、ありがとうございます。

息子さんは、今も朝6時半から自習して頑張っていますよ^^

 

今の生徒さんたちは、本当に活力があり、互いに友人だけどライバルと認識して切磋琢磨しています。

その姿を見るたび、逆に元気をもらっています。

これからもこの日常が続くよう、全力でサポートしていきます!

 

ではでは、長くなってしまいましたが、これで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

総務 後藤 登