お知らせ・ブログTOPICS / BLOG

入試情報

【医学部】後期試験について

2018年02月08日 更新

久しぶりのブログの更新です。

 

現在、太宰府アカデミーでは

【埼玉(後)対策】

【金沢(後)対策】

【2019年度入試に向けての学習】

 

を頑張っている生徒たちが在籍しています。 今年度は金沢医大・日本医大の後期試験ができたこともあり、生徒の退寮日が例年よりもかなり遅くなっています。 一昨年ぐらいに藤田保衛大も後期試験を復活させたので、これからの医学部入試はそういう流れになるのかもしれません。 金沢医大(後)の試験は定員10名ということもあり、激戦が予想されます。 仮に受験者1000人として計算しても、倍率は100倍。 試験内容も英数(60分×2)のみで、現役生向きの試験ともとれます。 一方、日本医大(後)も4科目に配点が英数300点、理科(2科目)400点で合計1000点と英数の学力のある人を歓迎しています。 これからの医学部後期試験の動向が個人的には気になっています。 

 

現在、続々と医大の合格発表がある状況で、歓喜するものや、涙を流す生徒がいます。 涙を流した人は、それこそが 今年一年間、頑張ったという証 なのではないでしょうか。 今年度、医学部入試がまだ残っている生徒方も、そうでない生徒も、今の自分にできることを見つけて行動に移しましょう。 頑張った経験はどんな形であれ、人生の財産になりますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

 

 

本日は以上です。

 

 

 (後藤 登)