ブログイメージ
スタッフブログ
  • 教室と寮が一体の全寮制
  • 少人数制でプロ講師との距離が近い
  • 家庭的な雰囲気で生活面も徹底サポート

トップページ > スタッフブログ > 【2020合格体験記】川崎医科大学に合格したK・Hさんから合格体験記が届きました

スタッフブログ

BLOG

2020.04.20

【2020合格体験記】川崎医科大学に合格したK・Hさんから合格体験記が届きました

 

合格体験記 

K・Hさん

 

医学部医学科最終合格校

川崎医科大学 合格

 

 

私はほんとに最後の最後で合格することができました。補欠がまわってくるまでは、合格するのかわからない不安と、早く切り替えなければいけないという焦る気持ちで、辛い日々を過ごしていました。けれど、先生方やアカデミーのスタッフの方々に励まされながら春季講習まで走り続けてきました。

 

 

私はアカデミーには二浪目からお世話になりました。一浪目は生徒数に対して教師数が少ない予備校だったためなかなか質問できず、また基礎的なことを本当に理解するまで聞けませんでした。そのせいか「自分はやってもできないんだ」とマイナス思考になる癖がつくようになりました。そういうわけで学力もたいして伸びるわけでもなく、今思うともったいない1年を過ごしたと思います。

 

 

一方、アカデミーでは同じ目標の人が多く、レベルも自分に合わせてくれます。そして少人数なので先生達への質問の時間も多く、一緒にいる時間も他の予備校と比にならないくらい多いので、すぐに打ち解けられました。最初、私は基礎が崩れていた為、基礎から先生方に教えてもらいました。先生方は何を聞いても、何度聞いても、丁寧に説明してくれてありがたかったです。マイナスに考えてしまう癖はなかなかなおらず、試験直前まで先生方やアカデミーのスタッフの皆さんに励まされてきました。私は明るい性格のためあまりネガティブに見られないのですが、アカデミーでは先生方やスタッフの皆さんが気づいて悩みを聞き、解決策を一緒に考えてくれました。また合格に少しでも近づけるようギリギリまで一緒に粘ってくれました。本当に感謝で一杯です。

 

 

それにアカデミーは本当にアットホームな空間です。先生達だけでなく教務や庶務の方々や代表や登さんや寮母さん、食堂やお掃除のスタッフのみなさんが毎日暖かく接してくれます。あと「はなちゃん」もいます(笑)アカデミーには、どこの予備校にもないそういった温かさがあり、受験生にとって最適な環境を整えてくれます。

 

 

三浪目は特にきつく、今まで感じことないほどの不安感がありました。そんな不安でいっぱいの私が最後まで走り続けていられたのは両親はもちろん、家族のような暖かさで接してくれたアカデミーのみなさんのおかげです。そして一緒に頑張ってきたアカデミーの友人達にも感謝したいです。やっとスタート地点に立つことができたので、これから両親や周りの人々に恩返しできるよう精一杯頑張ります。2年間本当にありがとうございました。

 

 

最後に少しばかりですが、これから受験生活を送る皆さんへ私がこの一年毎日続けてて良かったなと思う事を紹介したいと思います。私は「やることリスト」と、各教科の明確な勉強時間の「見える化」と、1日のちょっとした反省や良かった事を毎日書いてました。これは「スタディープランナー」という手帳を利用して簡単にできます。そうすることで毎日やることが明確になり、反省点も見つけやすくなりました。心が折れてしまった時には4月、5月のやる気に満ち溢れた自分の言葉をみてモチベをあげたり、成長した証として私なりに自信を持つ材料にしていました。最後はメンタル勝負なところもあるので、皆さんの武器の一つになればいいなと思います。先生達もよく仰っている事だと思いますが、何か一つ続けることは励みになります。続けられそうな事を見つけてトライしてみてください。これからの皆さんの努力が実りますよう、心から応援しています(^_-)-☆

 

 

資料請求はこちら
お問合せ・ご相談はこちら