学校案内イメージ
学校案内
  • 教室と寮が一体の全寮制
  • 少人数制でプロ講師との距離が近い
  • 家庭的な雰囲気で生活面も徹底サポート
2017.03.23
2017年度 医学部 合格速報!
2017.03.20
2017年度募集締切(若干名繰上合格による空き可能性あり)

トップページ > 学校案内 > カリキュラム

カリキュラム

CURRICULUM

科目別カリキュラム

英語 1学期は基礎力の構築を第一に考えて指導します。2学期は基礎事項を再確認しながら、応用力の養成を図ります。3学期は入試問題対策を中心に実践力を鍛えていきます。久留米大学・福岡大学の地元有名私立医学部対策はもちろん、国立大学や関東・関西の難関私立大学の演習なども授業の中に効果的に組み込んで指導しています。
 授業は1週間に3ブロックの授業をおこない、「英文法」「英作文」「英文読解」を中心に指導します。
 太宰府アカデミー英語科の最大の特徴は、毎回授業時に、前週の復習テストを実施し、重要事項の徹底理解と復習習慣の定着を目標に置いています。さらに、日々の復習をより効果的に進めるために、音読部屋を用意して英語長文の音読を活性化させています。
数学

1学期は基礎学力養成期です。公式の理解を中心として、必要があればこれを導くことにより深めます。ここでは、公式に近い問題を解くことにより足腰を鍛えます。2学期は学力完成期になります。1学期の復習を含めて「普通に考えて、普通に解く」ことで、力を伸ばしていく期間となります。3学期は医学部の過去の入試問題を解き、学力をより実戦的に高めます。

毎週の朝テスト、毎月の定期テストを通して学力を確認しながら進めます。
科学 全クラスとも2学期中旬までに「化学基礎」「化学」の全範囲を学習します。2学期中旬から「分野別総復習」をおこない、それと並行して、国立コース生はセンター試験対策の演習:私立コースは私立入試問題演習で実戦力を養います。センター試験以降、国立コースは国立の入試問題をもとに2次試験対策をおこないます。
 月1回程度、授業内容の復習テストである定期テストがあり、毎週の朝テストでは暗記事項の定着をはかります。
生物

1学期は旧・生物Ⅰ分野の履修を基本としますが、旧・生物Ⅱの関連分野(酵素のはたらき、遺伝情報とその発現など)も同時に学んでいきます。2学期は旧・生物Ⅱ分野を中心に学び、10月末でひと通り終了します。11月以降は医学部入試過去問演習を通して関連分野の復習となります。

日々の授業は、教科書・資料集・問題集・医学部入試演習プリントを利用しながら進めていきます。
物理

テキストで必要な基本事項・公式等を確認し、演習等で公式の使い方を定着させます。公式を丸暗記するのではなく、導出方法で理解を深めます。また、図やグラフを書くことで思考力を鍛え、実際の物理現象と結びつけて具体的に理解できるように指導します。全クラスとも2学期中旬までに「物理基礎」「物理」の全範囲を学習し、それ以降は単元別の総復習を行い、それと並行して、同時に各大学の医学部入試過去問演習で実戦力を養います。

週1回の朝テストで公式の使い方を確認し、月1回の定期テストで講義内容の定着度を確認します。
小論文 まず1学期は小論文記述のための基本事項をレクチャーしつつ、私立医科大の小論文の出題傾向の共通要素である「課題文型」「テーマ型」「資料分析型」のそれぞれに対する基本的なアプローチの仕方を習得してもらいます。これと併行していわゆる医療関係の基本知識や時事系の資料を配布し、知識のストックをはかります。2学期以降は生徒の出願希望状況を踏まえた上で、より汎用性の高い大学の過去問を使用しながら演習をおこないます。また、実施には記述演習を行えない課題についても、思考シミュレーションとして発想力の構築をはかります。

各種テスト

朝テスト 毎朝20分程度で実施する小テストです。月曜日は数学、火曜日は化学、というように1日1科目のテストで、内容は主に授業の復習範囲からの出題となります。(科目によってはテスト範囲が掲示されます)
 朝の授業前に頭を使い、しっかり目覚ましをして授業に臨むという意味もあります。
定期テスト 毎週おこなわれる復習テストです。一日1科目、試験範囲は授業で学習した内容から指定されます。全科目とも1ヶ月に1度程度の復習テストを実施することになります。(詳しい日程はご入学後「年間スケジュール」を生徒・保護者両方に配布します)
 学習した範囲をきちんと理解・定着しているかを測るテストなので、ある意味最も結果を重要視したいテストと言えます。
校内模試 私大医学部入試の内容を踏まえた実力テストで、試験範囲は基本的に入試本番に準じたものになっています。この成績によって医学部合格にどれくらい近付けているのかをある程度測ることができます。年に4回実施し、テストごとに合格可能性の判定をさせていただきます。
全国模試 全国の受験生の中での自分の位置を確かるために年に5回程度実施します。主に進研模試やベネッセ駿台模試の中から記述模試3回、マーク模試2回の受験予定です。平日の授業を休講にしておこなわれ、自己採点をその日のうちにすることで、やり直し・復習がしやすい体制をとっています。
資料請求はこちら
お問合せ・ご相談はこちら